2018年7月6日金曜日

断食(ファスティング)体験記パート2


前回がだいぶ前の投稿の為







前回お話ししたおさらい と要約から  ちなみに前回のポストはコチラ



「断食」が万病に効果がある理由は、食べない事で胃と腸に血液が集中することを避け、その分修復すべき箇所に血液を回すことができるから


そして、腸内環境が良くなることで浄化作用が働き、カラダの一切の毒素を外に排出することで、本来の自然治癒力を発揮させることができます。



胃と腸は食べた物を78時間かけて消化するので、寝る前に夜食を食べてしまうと、胃腸が寝ている時間もほとんど休めずに24時間不眠不休で働かせていることになります。



よく夜何時以降は食べないのが良いと言うのは、朝食までの食べない時間が長くなるので、ミニ断食していると言えますよね




お腹が空いて空腹になると、気になって


何か食べないと『何も手がつかない』ということがあると思います。

常に何かを食べていないと気が済まない

これらは欲に振り回されている状態に陥っている証拠です。
(よほどの栄養状態が良くない飢餓状態でなければ・・・)



単に何か食べるものが目に入り、ついつい何かを食べたいと言う衝動に突き動かされているだけです。(自分がそうだったので(笑)はっきり断言出来ます。(苦笑))



では具体的どのように断食したかというと・・・



当初は7日間を目標に、ひとまず3日程断食をやってみようと取り敢えずスタート!
合わなかったら、途中でやめても良いや」くらいの気楽な気持ちで、)





あまりに我慢するのは、精神衛生上良くないので




食べないことが苦しみに直結しないよう 



断食という未体験な経験を楽しむモードで



どんな体感があるのかワクワクしながらはじめました。
(ある意味ココが最大のポイントかもしれません)





その間に口にしたものは、水と水で薄めた酵素ドリンク、あとは炭酸水を1日コップ1杯程度(酵素ドリンクにはたくさんの野菜から取り出した豊富な栄養が含まれているので、最低限の糖分や塩分・水分を補給することができます。)



ちなみに酵素ドリンクとはこんなものです 端的ににいうと野菜の絞り汁。。





これはやってみて実感する 断食の意外なことなのですが





食事する量を制限する単なるダイエット(例えば炭水化物抜き(糖質制限)など)と違い






空腹をまったく感じずにすむと言う点です。



「えっ!?」 と思うのですが、実際そーなのです。






何も食べないので、胃と腸が完全に機能停止することで完全に休ませることが出来ます。






なんでも三食食べた物を消化するのに、フルマラソン2回半ぶんのエネルギーを消耗すると言われています。





つまり 何も食さないことで 消化にエネルギーを そもそも使わないので、食べなくとも平気、大丈夫なのです。







驚きですよね?





このことについては また次回詳しく言及します。 つづく

2018年6月2日土曜日

断食(ファスティング)体験記パート1



ある方のおさそいで断食(ファスティング)を行いました。

その期間9日間。。6キロ体重が落ちました。


で今回はその体験をあなたにシェアします。




断食というと減量?と思う方も多いでしょう


目が光るよん



私が断食に試みた理由はいくつかあるのですが


大きい理由が

ここ数年、ずっと排便が長らくゆるい傾向だったので、おなか胃腸の体質改善を目的でおこなったのです。





あなたは知っていますか?



そもそも断食はダイエットではありません。(食べないから痩せるのは当たり前なんですが・・・)



実は断食の本質はそこじゃなく、365日不眠不休で働いている胃腸を休ませることによって、身体自体が本来持っている自然治癒力を回復させ、様々な体の不全を回復させる効果があるのです。



人間を含め生き物には自然治癒力が備わっています。



怪我をして出血しても血が勝手に止まるのも、
折れた骨が勝手にくっつくのも、
風邪をひいてもそのうち治るのも、






自然治癒力のなせる技です。





自然に生きる野生の動物は、怪我や病気になり体調が悪くなると病院に行くこともせずに薬も飲まずにひたすら寝込みますよね。




何も食べずに・・・そして自然治癒力を最大限に働かせて、勝手に身体を回復させます。





つまり本能に沿って生きる動物は体調不良になると






本能的に【断食】をしているわけです。






人間だって風邪を引き病気になったら食欲がなくなって横になりたくなりますよね?




それは本能的に【断食】を求めているということです。





でも理性のある人間に限り、風邪を引いたからといっては薬を飲んで、食欲が落ちているのに無理をしていつも通り食べます・・・





先進諸国に住み生活水準の高い現代人は昔の物資不足の時代の人と違って、栄養失調状態ではなく、ほとんどの人が脂肪をたっぷり身体に蓄えて体力があるので、具合が悪いから滋養の為にと栄養を無理に取らなくても良いのです。



無理に食べることよって胃腸に負担をあたえて、自然治癒力を鈍らせることで、回復を逆に遅らせてしまう。。。






調べると世界には沢山の断食のことをつづっていることわざや著名な人の名言があるのでご紹介します。




「腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず」 日本


「断食で治らない病気は、他のどのような治療でも治らない」 ドイツ


「すべての薬で一番良いのは、休息と断食である」 アメリカ


「とびきりの少食者が、結局はもっと食べる者となる」 イギリス


「断食はメスを使わない手術である」 フランス


「人間は食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べている」 ギリシャ  



「病気は祈りと断食で治しなさい」 キリスト


「病気は断食で治す」 釈迦


「断食は哲学の門」 アリストテレス ソクラテス プラトン


「人の病気は過食からくる。なるべく少なく食べよ。しからば、汝の体も丈夫になり、精神も立派になって、病の神も汝をどうすることもできなくなる」・「断食すると頭が良くなる」 数学者ピタゴラス




「食べたい放題食べると体の害になる。病人に食物を強いると、病気の方まで養うことになる」 ヒポクラテス


「エジプト人の健康と若さのもとは、月三日の断食と、浣腸(かんちょう)、嘔吐によって胃腸を洗浄すること」 ヘロドトス

「飲食をしかるべく慎む者は、鋭い五官、冴えた頭脳、丈夫な肉体、優れた記憶力、軽やかな挙動に、これらすべてに恵まれる」 ルイジ・コルナロ


※102歳の天寿を全うしたルイジ・コルナロは最晩年まで目も耳も歯も完全で、足腰も若い時の力強さと変わらず、声の張りに至っては、むしろ年齢とともに高まり気分も常に快活、見る夢までがどれも快いものばかりだったという。

参考書籍 「無病法: 極少食の威力」



私は昨年お亡くなりなった、100歳超えても現役の医師を続けていた聖路加病院の日野原重明先生のようなスタイルで生きたいと考えているので 医者いらずという矛盾をかかえつつwルイジ・コルナロの無病法スタイルで現役を続けて人生を長く楽しむ所存です。

次回は断食の具体的なお話を致しますね つづく

2018年5月8日火曜日

社会の思い込み・・・パート3


前回(パート2)のつづきはこちら 
前々回(パート1)最初から読むはこちら 

でもわかっているのに出来ないのには、
時代の流れの影響があります。




今は優しーい時代だからなのです。



現代は極めて優しい社会になっているので、人々は優しさに甘えてしまいます。






男尊女卑の時代から 男女平等という価値観が当たり前になり 
女の時代へ つまり母性本能からの優しさ守るといった保護的(母性)が長らく続いてきています。




男らしさやたくましさ厳しく自立を促す(父性)が影を潜めています。





※でもこれから母性じゃなく父性の時代に転換していくのです。
(というか すでに水面下では母性の時代というトレンドはボトム打って転換しています。)








立場が上の人は 立場が低い自分を守る責任がある! 





と いう幼い思考の歪みが生じる原因は色々あります・・・





そもそも人間以外の動植物も全ての生命は 種の保存という宿命の為に 子供を守るという 本能(子孫を残す)がプログラムされています。





かつて幼かった子供時代は誰にでもあります。





その時 親はといえば、自分にとって神のような立場が上で





絶対的な存在の保護を受けていたわけです。






その、過去の経験から





立場の強い人は弱い私を守ってくれる。 という思いをかつて持っていたのです。






その守られている時代に、心の奥底で無条件に 「私は守られている!!」 という確信を得て




だから自分は 「大丈夫」 なんだ と信じきることが出来たかどうか




が鍵になります。




その際は理由なんて どーでも良く




その「大丈夫なんだ」と確信した領域を安心できるより所、





ベースキャンプにして、





少しずつその安全地帯から踏み出していき、未知のリスクのある領域に進入し





そこで起こる様々な出来事を体験し、多くの課題や困難にチャレンジし乗り越え人は成長していきます。





そして出て行って達成・制覇したゾーンはあらたな安全地帯として自分の陣地としていき領域はさらに広がっていきます。







確信が持てないと、小さな殻に引きこもり、






弱い自分を守ってもらおうと 守られるべきだと 






強い人にすがろうとバランスを失して自立から遠ざかるのです。





主体性を無くして、永遠に流浪の民として漂流します。






子ども時代の親子関係や環境で上手く関係構築が出来ずに進んでしまうと














すでに自分は子供時代の親と同じ歳になり、さらにそれを超えて


肉体的に成熟し、とっくに大人になっているのにも関わらず・・・


真実が見えずにバランスを失
して、


本当は完璧なはずの現実を見ることを拒み、


情けない自分も 恥ずかしい自分も隠して



怒りや悲しみから生じる不安、恐れや嘆きをひた隠し、



心から望むことがわからず 愛から遠ざかった幻想を生きてしまいます。








モチロン新たな領域でチャレンジるするのには、リスクや怖さもあります。





自立と言っても 全てをたった1人で、孤独に行うこと





自分以外の他人と分断し、分け隔ててすることではなく 





弱い部分 と強い部分を 相互に補いあい





相互にいたわり 相互に相反しつつも 尊重しあい





均衡を保ちながら





乗り越え 全ての結果の責任を取り冒険する果てに成長と共に獲得するもの




それが本当の自立なのです。






まだまだ自分は保護を受けるべき!





という歪んだ認識を持ち続けて生きていても 人は生きられます。






でもそれでは大切なものが得られません。得られないものがあります。






それはなんでしょうか・・・?





皆それを欲し求めます。












誰しもが憧れ追い求めるもの













それは本当の自由です。






自立の結果得ることが出来るのが、ほんとうの自由です。







本当の自由があればホントの自分を誰に遠慮もなく生きられるはずです。






私たちは自分という人間をプロデュースする責任者なので 






自分という人間を導くプロとして 自分を鍛える自己投資をしていきたいものです。






社会が抱える思い込み 洗脳から 自分を解放させ解き放しましょう。






気が付く人から



あなたにその順番が来たのならば・・・・・







追伸:

自分の認識を変えて自らに向き合いたい方への個人セッション

もっと自己成長したい、そんなことに興味がある人に向けての講座や勉強会を計画しています。


もし興味ある人は根津まで声をかけてくださいご案内させていただきますので


ではでは