2019年3月15日金曜日

去りゆく平成という時代 パート2


前回は なぜ私が一般参賀に行くと決心したのか?
についてお話しました。





今回はお正月に一般参賀に行くことを決めて 
年末忙しく営業に励んでいた天皇誕生日12/23の出来事 気づきをシェアします。








ちなみに一般参賀はお正月だけではなく、天皇誕生日12/23日も皇居に行き天皇陛下誕生日を参賀できます。

ただしこの日はすでに予約も入っていたので、私は行かないと決めていました。











私は毎日営業をフルブックで組んで充実のサロンワークを行ってました。仕事が終わったらすぐさまぐっすり寝る毎日...21;00には寝ている状態でテレビやネットニュースなどで見ていませんでした。








そんな状態だったので陛下は天皇として最後の会見を平成301220日述べられていたのですが








私は 全く見ていなかったのです。







ただ天皇誕生日の23日はちょうど日曜日で、日曜朝の545フジテレビで毎週放送されている番組【皇室ご一家】で 天皇陛下のお言葉がノーカットで放送されました。







私は早寝していた結果 早起きだったので


この時に陛下の会見をノーカットで見ました。







お言葉全文 宮内庁HP http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/25

検索ワード「天皇陛下 誕生日 会見」でYouTubeで動画も見れます。





もしまだ見ていないのなら 見たとしてもニュースでカットされたものでなくノーカットの全録を

日本人なら ご退位される前に見ておくことをオススメします。






この放送を見た時、私は胸が熱くなり心が震えて、ハートが開いて涙が自然と出てきました。(皇后陛下の献身に感謝し労いの言葉をかけている天皇陛下もお言葉を述べる時震えていらっしゃいました。)








私は、人に献身する人間でいたいからです。









私もこのように自ら大きな愛で人々を見守りたゆまぬ努力を続け
全ての人に愛をもって、労いの言葉をかけられるような人でありたい。











いつも みんなに感謝を示し続ける人間でありたい。











そのように生き続け、自分の行動や姿を示していつの日か人生の旅を終える時が来た時に、あらたな時代を作る人達の中に意志や目的を重ね委ねることで、彼らの中に永遠不滅の存在になると





そう 決めました。





なぜなら 本当の意味での未来は


自分が歩き進む、前にあるのではなく、
自分の歩いてきた後ろにあるからです。




(あなたの歩いて来た後ろに続くのは過去ではなく 未来なのです。あなたの後ろには、あなたに続いて歩く人達がたくさんいるよ)



つまり あなたが未来と思って切り開き歩くその道も、実は先人たちが歩いていた同じ道なのです。



あなたの未来も 誰かの過去の上にあるのです。




その気づき、五感で感じる感覚を得ました。




それと同時にこれは(この陛下のお言葉は人々にお言葉でエンパワーされる人はたくさんいるから) 12日の一般参賀が絶対に込み合う事必死だなと確信もしました。



 つづく
一般参賀の臨場感のある282枚の写真


一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年(昭和23年)から毎年、新年1月2日と天皇陛下のお誕生日に開催されている皇室行事です



2019年2月19日火曜日

根拠のない確信の証明

高校入試自己採点では、絶妙なボーダーライン…
その志望校に無事に合格しました。








本命の高校の人学試験の合否発表を家内と娘と見に行くために車を走らす道中


すでに滑り止めは受かっている娘に




ひとまず高校生になったらどうなりたいのかを聞いてみる。








その話の中で突然







娘が合格するビジョンがくっきり見え、娘の合格発表を見る前に確信にいたりました。




その瞬間、私の目から涙が滲み出しました。





そして、たくさんのイメージが次々と湧き上がります。







私の心の声 「 あ〜 そうか そーゆーことか.... 」







いつの間にかに 滲んだ涙が目からこぼれ、頬を伝わっていました。






その涙を拭い、心を落ち着かせて運転を続けた





次の瞬間






車のハンドルのすぐ横に備えつけ、GoogleMapを見ているiPhoneにある表示が











『 英検 合格した 』










高一の長女からの
L
INEです。








なんども受けていたけど 落ち続けていた 
英検の一次試験の合格の連絡です。








私  「 おい ともえが英検合格したってよ 」







家内  「 えー ホント? 」







私  「  今 LINEが来た。。 」








次女 「 …。」








私  「  ...。 」







家内「  でも、本当に合格したんだー 」







次女の心の声「 あー合格先取り された…  これでもし自分が落ちてたら…汗」








家内「 今回も英検の一次、出来がすこぶる悪くて、絶対落ちるって言ってたのに 」







私  「  確かになぁ… 」






次女  「  …。」






家内「  それに、もう二次試験のある日 渋谷に出掛ける予定入れちゃってたのに…」








次女  「  …。」








私「  まあそうだけど、なんとかなるでしょ 」






次女  「  …。」






そして私は 確信がさらに高まりました。

根拠のない確信が・・・




私の五感で感じる感覚に

(あーやっぱり合格する流れが来てるわ〜 )ってはっきり感じます。










次女  「 ……。」









私  「 あのさ ちなみ 」










次女  「  何? 」










私  「 ともえ 英検合格したじゃん  」









次女  「 …うん 」










私  「 コレって 今根津家に 良い流れ来てるってことだぞー   」











次女  「 ....そうかな? 」










私  「  そうだよ  大丈夫だよ 」










次女  「 そう? 」









家内  「  そうそう 」










私  「  これは良い事起こるよ きっと 」








次女  「  うん  」













2019年2月1日金曜日

去りゆく平成という時代


よく娘達とのコミュニケーションしている時に



絵馬に合格祈願


  
私が意見したり、私が何かやっていると



おとーさんは 昭和だから~ 」 とか 

それって 昭和っぽい 」 などと 



ちょいちょい、平成生まれの娘達におちょくられて言われます。


しかし、昨年(平成30年)は 天皇陛下のご退位で平成最後の年
もう平成も終わる。という触れ込がメディアから目や耳にしたもので




今度は娘達に 




お前も 平成だから〜 」とか

「 それ 平成っぽいな 」などと 



リベンジしてやるからな〜 






なんてふざけて言っていました。



しかし ある気づき発見があったのです。・・・



昨年の夏も終わり日も短くなり 年の瀬を意識し始めた11月はじめ頃・・・






 あぁ いよいと平成も終わるんだなぁ~  




 あらためて考えると 




 今年は平成30年  来年は 元号変わるまで 平成31年...




 30年? 31年? 




 平成って、30年もあったんだぁ〜 30年って意外に長かったなぁ.... 




 30...ん?? 待てよ  (私は昭和47年生まれの46歳 46年間の人生です)




俺って 人生のほぼ2/3(3分の2)は平成を生きて来てるんじゃん  昭和より長いんじゃん! 




16歳の学生の時に平成になって 大人としての人生は全て平成という時代で生きて成長して来たんだ〜 









そう気づいた瞬間に
今まで 無意識に





「平成は自分の時代ではない、若者の時代なんだ、自分は昭和生まれなので 平成には縁もゆかりもない」 
(平成生まれの若者が 次々に大人という年齢になり社会に出てくるにつれ)




というような 勝手な解釈がどこかであり 深めていって







自分は平成という時代の人間ではないんだ...







そんな思い込みから なんとなく疎外感、仲間外れ的に思考していた。







その思い込みが消滅し、






平成に対して、溢れ出る 感謝と心からの愛が溢れて来ました。






そう感じたら 





そんなしょーもないリベンジしようなんて アホや」と 




娘たちにおふざけでもする気が完全に失せました。




(えぇ...



だって、平成は私が大人としてここまで育って来た私の大切な時代だからです。   







そして平成という時代に、そしてこの時代の象徴として、私も含めた国民の安定と幸せを祈りお努めされた今生天皇である天皇陛下に愛と感謝を伝えなければと思ったのです。







陛下にこちらから出向く機会は、皇室行事である天皇誕生日12/23と新年1/2の一般参賀です。23日はすでに営業予定で予約も入っています。 





毎年一般参賀に行こうとしていたのですが、家内の実家への帰省などでいつも見送っていた一般参賀に必ず行くと決心しました。     




つづく
安楽死が合法化された現代日本のパラレルワールドを舞台に、平成という時代と、いまを生きることの意味を問い直す、社会学者・古市憲寿意欲作!